11月23日(日) シンポジウムのお知らせ

また直前のご案内になりましたが,「国際連帯税」に関するシンポジウムが下記の日程で開催されます。資料代として1000円を徴収されますが,興味のある人はぜひご参加下さい。

米国発の国際金融によって、国境を越えたマネーの規制や制御の必要性が大きく語られるようになってきました。その一つの手法として、「国際連帯税」が有効ではないかとの認識が高まってきています。国際連帯税は本来、世界の貧困克服を掲げた「ミレニアム開発目標(MDGs)」達成のための資金源として構想されましたが、途上国が地球温暖化問題に適応していくための資金としても、近年期待されつつあります。

本シンポジウムでは、NGOや研究者による議論を中心に、これらのグローバルな課題に対処し「公正なグローバル経済」を実現していくための資金メカニズムとその日本での可能性を、国際連帯税の視点から探っていきます。

ちなみに小林は22日(土)の専門家会合で座長をやりますが,そちらは非公開です。23日はフロアにてシンポジウムを聴く予定です。

日時:2008年11月23日(日)10時30分~16時40分
場所:東京税理士会館 大会議室
    JR代々木駅より徒歩7分,JR千駄ヶ谷駅より徒歩5分

f0139818_2237281.gif

[PR]
by kobayashi_seminar | 2008-11-19 22:37 | お知らせ | Comments(0)


<< 秋の遠足に行ってきました♪ OBOG会 開催のお知らせ >>