イベントなどの紹介

時間と興味がある人は参加してみてはいかがでしょうか?
「グローバルフェスタ」は子どもでも理解できるような内容も多いかと思いますが、食料・水・環境・地雷など、とくに今年の4年生の卒論テーマに関係する内容も多々含まれています。

「消費惑星・地球」のテーマは「あなたと世界を蝕む食料ゲーム?」です。

グローバルフェスタJAPAN2007
10月6日(土)、7日(日)

オルタモンド・学生セミナーシリーズ「消費惑星・地球」
10月20日(土)






「絆の大切さ」と「国際協力の今」を楽しく知ろう
 ◇◆「グローバルフェスタJAPAN2007」~家族と地球~◆◇
   10月6日(土曜日)・7日(日曜日)10時~17時
   於:日比谷公園 入場無料

10月6日(土曜日)・7日(日曜日)、東京の日比谷公園において、外務省、独立行政法人国際協力機構(JICA)、国際協力銀行(JBIC)及び(特活)国際協力NGOセンター(JANIC)の共催で「グローバルフェスタJAPAN2007」を開催します。

これは10月6日の「国際協力の日」にあわせて毎年開催され、政府、NGO、国際機関、各国大使館など200を超える団体が出展する国内最大規模の国際協力イベントです。

今年は統一テーマを「家族と地球」とし、ご来場の方々に、私たちの生活の中心である家族、家庭から、私たちの周りの地域、環境、世界との絆や繋がりを考えてもらい、国際協力や途上国への理解を深めて頂くことを目指しています。国際協力をより身近なものに感じてもらい、政府開発援助(ODA)を含む国際協力の現状や必要性、政府とNGOの協力などについて理解してもらえるよう、楽しく分かりやすい行事を用意しています。

たとえば、10月6日(土曜日)には国際協力/政府開発援助(ODA)への参加のあり方を共に考える「国際協力について語ろう」やODA紹介番組「関口知宏の地球サポーター」でおなじみの
関口知宏さんのトークショー、10月7日(日曜日)には今回のフェスタのスペシャル・サポーターである眞鍋かをりさんのトークショーや出展者テントの訪問、両日とも行われる国際緊急援助隊デモンストレーションなどなど。

また、外務省のテントでは「関口知宏の地球サポーター」のコーナーの他、参加者に自分でできる国際協力を宣言して頂く「私の国際協力宣言」や省員による座談会などを予定していますので是非お立ち寄り下さい。

この他にも、ダンスや音楽、クイズ大会、チャリティーラン、各種ワークショップ・カルチャースクール、企業CSRテント・アトラクションなど、参加して、楽しみながら国際協力を体感できるイベントが盛りだくさん。各国の料理も味わえます。ご家族や友人をお誘い合わせの上、是非ご参加下さい。

詳しい情報は公式ホームページ(http://www.gfjapan.com)から。

 ■ 開催日時
  2007年10月6日(土曜日)・10月7日(日曜日) 10時~17時

 ■ 開催場所
  東京・日比谷公園
 (噴水広場・にれの木広場・野外小音楽堂・第二花壇 等)

 ■ 最寄駅:日比谷駅

 ■ 交通
  地下鉄日比谷駅・有楽町駅 A10・A14出口より徒歩2分
  地下鉄内幸町駅 A7出口より徒歩3分
  地下鉄霞ヶ関駅 B2出口より徒歩3分
  JR有楽町駅 日比谷口より徒歩4分

 ■ 入場料:無料

 ■ 主催
  グローバルフェスタJAPAN2007 実行委員会

 ■ 共催
  外務省・独立行政法人国際協力機構(JICA)・
  国際協力銀行(JBIC)・
  (特活)国際協力NGOセンター(JANIC)

 ■ 後援
  総務省・財務省・文部科学省・厚生労働省・農林水産省・経済産業省・
  国土交通省・環境省・東京都・(社)日本新聞協会・NHK・
  (社)日本民間放送連盟・(財)自治体国際化協会・
  (財)国際開発高等教育機構・(社)青年海外協力協会・
  (社)日本経済団体連合会

 ■ 協賛
  味の素、東芝科学館、住友化学、三井住友海上火災保険、三菱商事、
  山梨日立建機、日立建機



          ◇◆◇消費惑星・地球◆◇◆
 ……………………………………………………………………………………
     第1回セミナー:『あなたと世界を蝕む食料ゲーム?』
    講師:佐久間智子(「環境・持続社会」研究センター理事)
------------------------------------------------------------------------
 ◇日時◇ 10月20日(土)18:00~21:10  (※)入退場は自由です
 ◇場所◇ 文京シビックセンター4階 会議室B
    (東京メトロ丸の内線・南北線後楽園駅徒歩1分、都営地下鉄三田線・
     大江戸線春日駅徒歩1分)
   ・地図⇒http://www.b-civichall.com/access/main.html
 ◆資料代: 500円(コピー代等)
 ◆定 員: 35名程度
 <参加申し込み>
   お名前、大学名と学年(就職されている人は会社名など所属)を記入の上
   Eメール global-tax@mail.goo.ne.jp から申し込みください。
   ※服装は自由です(カジュアルな服装でどうぞ!)
 …………………………………………………………………………………… 
◇ 本セミナーでは、特に以下の3つをメインテーマとし、「お弁当屋さんゲー
 ム」というワークショップを行いながら食の問題を考えます! ◆

■□ ①安全性について ■□
 『大量生産・大量消費、そして大量廃棄…』これは、私たちの日常における食
料の実際の姿です。しかし、私たちは「飽食」という日常環境に慣れ、また忙し
い日々の中、自分を取り巻く食料の、「安全性」の問題に気づいていないのも事
実です。①~③であなたの立場は?

①『何が悪いの?すごい便利じゃない。毎日ほとんどコンビニかファーストフー
 ドだよ…安いしね。』
②『添加物とか、なんか体に良くないものもとってそう…。でも忙しいから使っ
 ちゃうかな。』
③『ファーストフードは食べません。あと、お店では必ずラベルとか見てから買
 うようにしてます。』

 いかがでしょうか。自分たちが毎日口にする食べ物について、もう少し関心を
持つ必要があるのではないでしょうか?

■□ ②食料自給率の低下について ■□
 日本の食料自給率は、カロリーに換算して40%程度です。これから、FTA (自
由貿易協定)などを通じて、自由貿易化が進むと、もっと自給率の低下が進むと
考えられます。①~③であなたの立場は?

①『大丈夫だよ、他の国から買えばいいんだから。分業じゃない? それに輸入
 品、刺激的で好きだよ。』
②『海外のものは怖いよね。中国産のものとか…。できるだけ安い国産のものを
 買ってるかな。』
③『自給率低下は問題。結局途上国の食料を奪うことにもなるし…。まずは自分
 の消費からかな。』

 自給率低下は、国際問題とつながっているのでしょうか? それとも関係ない
から、気にしなくてもよいのでしょうか?

■□ ③フードマイレージについて ■□
 最近聞かれるようになった言葉です。あなたは?

①聞いたことが全くない。 
②聞いたことはある。でも、意味は知らない。
③聞いたこともあり、意味も知っている。

 ぜひ、セミナーに来てフードマイレージについて知り、日々の生活の中に取り
入れてみませんか?

■□【講師:佐久間智子さんプロフィール】
「環境・持続社会」研究センター理事兼非常勤スタッフ(「暮らしとグローバリ
ゼーション」プログラム担当)。共著書に、『儲かれば、それでいいのか−グロ
ーバリズムの本質と地域の力』(コモンズ、2006年)、『連続講座:国際協力N
GO』(今田克司・原田勝広編、日本評論社、2004年)など訳書もふくめ多数。

 ==============================
 *オルタモンド事務局*
  〒110-0015 東京都台東区東上野 1-20-6 丸幸ビル3F
    Tel: 03-3831-4993  Fax: 03-3834-2406
 ★オルタモンドのHP  http://altermonde.jp/
 ★グローバル・タックス研究会のブログ http://blog.goo.ne.jp/global-tax
[PR]
by kobayashi_seminar | 2007-09-29 10:31 | お知らせ | Comments(0)


<< ジェトロ(日本貿易振興機構)の... 映画評-ブラッドダイヤモンド-... >>