業務連絡



7期生用の課題図書(新書・文庫)リストです。
世界経済論とは直接関係ないものがほとんどですがよろしく。

*価格が変更されているものも多々あると思います。






青木保『異文化理解』岩波新書,2001年,756円。
池尾和人『現代の金融入門』ちくま新書,2010年,780円。
井筒俊彦『イスラーム文化-その根底にあるもの-』岩波文庫,1991年,693円。
井上寿一『アジア主義を問い直す』ちくま新書,2006年,740円。
伊豫谷登士翁『グローバリゼーションとは何か』平凡社新書,2002年,756円。
岩田正美『現代の貧困-ワーキングプア/ホームレス/生活保護』ちくま新書,2007年,777円。
上田紀行『生きる意味』岩波新書,2005年,740円。
上野千鶴子『国境お構いなし』朝日文庫,2007年,630円。
上野千鶴子『サヨナラ、学校化社会』ちくま文庫,2008年,714円。
上野千鶴子『不惑のフェミニズム』岩波現代文庫,2011年,1,239円。
大泉啓一郎『消費するアジア-新興国市場の可能性と不安-』中公新書,2011年,780円。
菅正広『マイクロファイナンス-貧困と闘う「驚異の金融」-』中公新書,2009年,740円。
草野厚『ODAの現場で考えたこと』NHKブックス,2010年,1,155円。
高史明『生きることの意味』ちくま文庫,1986年,504円。
佐伯啓思『自由とは何か』講談社現代新書,2004年,740円。
三枝充悳『仏教入門』岩波新書,1990年,861円。
アマルティア・セン『貧困の克服-アジア発展の鍵は何か-』集英社新書,2002年,640円。
アマルティア・セン『人間の安全保障』集英社新書,2006年,680円。
高橋哲哉『靖国問題』ちくま新書,2005年,720円。
鶴見良行『バナナと日本人』岩波新書,1982年,798円。
堂目卓生『アダム・スミス-「道徳感情論」と「国富論」の世界-』中公新書,2008年,924円。
中野剛志『TPP亡国論』集英社新書,2011年,798円。
西川潤『世界経済入門 第三版』岩波新書,2004年,780円。
西部忠『資本主義はどこへ向かうのか』NHKブックス,2011年,1,000円。
波多野澄雄『国家と歴史-戦後日本の歴史問題-』中公新書,2011年,880円。
帚木蓬生『三たびの海峡』新潮文庫,1995年,629円。
辺見庸『もの食う人びと』角川文庫,1997年,720円。
松本仁一『アフリカ・レポート-壊れる国,生きる人々-』岩波新書,2008年,700円。
安冨歩『生きるための経済学』NHKブックス,2008年,970円。
山室信一『キメラ 満州国の肖像』中公新書,2004年,1,004円。
山本七平『「空気」の研究』文春文庫,1983年,490円。
吉田茂『日本を決定した百年』中公文庫,1999年,780円。
渡辺京二『北一輝』ちくま学芸文庫,2007年,1,365円。
[PR]
by kobayashi_seminar | 2012-01-07 23:30 | お知らせ | Comments(0)


<< 春合宿の報告 謹賀新年 >>